facebookinstagram

先輩インタビュー

  • 美容部員 01
  • 薬剤師 02
  • 美容部員 03
  • 薬剤師 04
  • 薬局事務 05
  • 薬局事務 06

interview01

新しいことに常にチャレンジ
精神を持ち続けたい

美容部員
佐藤 果怜
2010 年 4 月入社

Q.入社を決めた理由は?

専門学生のときは就職氷河期というのもあり、就職活動は苦労しました。
そんな就職活動中にたまたまインターンシップで、当社で研修する機会がありました。
当社では取り扱いづらいブランドも多いのですが、研修では” 大変そう” というよりは” 楽しそう!” という印象を受けました。
そして、入社の決め手となったのは働いている社員の皆さんがとてもきれいだったことです。
「私もこういう風になりたい!」という想いから、入社を決意しました。

Q.沖館薬局で働くことで大切にしていることは?

今まで作り上げてきた伝統や文化を大切にしながら、新しいことにどんどんチャレン ジすることです。
SNS の普及や AI などの技術が進化する時代ですが、青森らしい、沖館らしいぬくも りのあるアットホーム感はそのまま、お客さまが飽きないような情報発信やイベントな ど、「進化し続ける会社」として成長していくことを止めません。

Q.尊敬する仲間や先輩は?

私が入社した頃から、優しく、時に厳しく指導してくださる先輩は今でも尊敬しています。
指示の出し方も的確で、相談や御願いもやすい環境で、化粧品販売員としてだけでなく一 人の人・女性としてもレベルアップができます。
社会経験ゼロの状態で苦労した事ももちろんありましたが、どんな時でもサポートしてくだ さり、同じ目標に向かって頑張れるのは先輩のおかげだと思っています。
私の後に入社してくるスタッフも皆さんパワフルで、尊敬するところがたくさんありますので、 負けていられないな(笑)と思います。

Q.ターニングポイントは?

入社 6 年目で仕事にだいぶ慣れたころに、とある研修で 12 日間の教育を受ける機会がありました。
県外でのその研修は不安でいっぱいでしたが、新しい発見や驚きがたくさんあり、自分の中の常識やキャパが広がる良いきっかけとなりました。
その時から、一つのことにこだわりすぎず、柔軟な考えや行動ができるようになりたいと思うようになりました。
今までの自分の型をやぶる大きなきっかけになった瞬間です。

Q.仕事の原動力は?

おいしいものを食べたり、旅行に行ってリフレッシュすることです。
特に旅行は今まで見たことのない景色や環境に触れることで自分の視野が広がる気がして大好きです。
仲間といろんな土地の食べ物を満喫するのはもちろん、一人でもどこへでも行くので、それが良い循環になり、原動力となっています。
接客業ですので、美をお手伝いするためにも自分自身も魅力的になれるように充実した日々を送りたいと思っています。

interview02

患者さまに元気になってもら
えるポジティブな存在に

薬剤師
小田桐 望
2018 年 3 月入社

Q.入社を決めた理由は?

やりたいこと、学びたいことをバックアップしてくれると感じたことです。

Q.沖館薬局で働くことで大切にしていることは?

患者さんに「またここに来よう」と思ってもらえるよう、雰囲気づくりを大切にしています。
病気になった時、体が弱った時にお世話になる薬局ってネガティブなイメージがありますが、薬局に来て、薬剤師に色々相談できて安心できた、健康になった!って言ってもらえるようなポジティブなお店、ポジティブな薬剤師を目指しています。
そしてそれに必要な知識とコミュニケーション能力を常に磨いています!

Q.尊敬する仲間や先輩は?

3店舗を見させていただいたのですが、すべて門前の科が違いました。
先生方はそれぞれがその科のプロですので、そんな専門的な先生方を尊敬しています。
門前が違えば、当然必要な知識も異なります。患者さんの層にも違いがあります。
これからは薬剤師としての対人業務におけるウェイトも大きくなります。
私もプロとして、薬局での仕事を全うしたいと思っています。

Q.ターニングポイントは?

患者さんに「またここに来よう」と思ってもらえるよう、雰囲気づくりを大切にしています。
病気になった時、体が弱った時にお世話になる薬局ってネガティブなイメージがありますが、薬局に来て、薬剤師に色々相談できて安心できた、健康になった!って言ってもらえるようなポジティブなお店、ポジティブな薬剤師を目指しています。
そしてそれに必要な知識とコミュニケーション能力を常に磨いています!

Q.仕事の原動力は?

おいしいものを食べることです。
休日は行ったことの無いお店を訪ねることにはまっています。
自然豊かな青森は海のものも山のものもとても豊富にあります。
優しい人と温かい環境で食べる食事は本当に美味しいです!!
当社は有給休暇をとりやすい環境にありますので、たまに遠出してリフレッシュをしています。

interview03

お客さまそれぞれの
「美しさ」をご提案したい

美容部員
今 千穂
2002 年 4 月入社

Q.入社を決めた理由は?

やりたいことにチャレンジしてみよう!と、大好きな化粧品販売の職に就きました。
青森県の中でも、とっぷれベリルでたくさんのメーカーやブランドを取り扱っているのが魅力的で、店内もとても明るく女性らしい内装になっているのがとてもかわいいと思っています。
また、働いている方もとても素敵で品があり、「こんな女性になりたい」と第一 印象で思ったことが当社に決めた理由です。

Q.沖館薬局で働くことで大切にしていることは?

お客さまの話を「よく聴く」こと!まずはお客さまのことを知ることからすべてが始まると考えています。
当店では 20 代から 60 代まで、幅広い年代のお客さまとの出会いが多くそれぞれのお客さまによってお悩みや考え、環境は全然違います。
そのため、時には化粧品以外のことに関する会話も大切にしています。
肌だけでなく、健康のお手伝いもできることが当店の強みですので、出会いから美しさを提案できるような社員を目指したいです。

Q.尊敬する仲間や先輩は?

既に退職されていますが、入社当時の先輩です。
接客業が初めての私に、一つ一つ丁寧に仕事を教えてくれました。
とにかくお客さまに対して一生懸命な方で、化粧品が大好きで、「お客さまをキレイにしたい!」という想いがあふれている方だなと思っていました。
今は私が、その先輩を超えられるような販売員になれるように日々自分を磨いているところです。

Q.ターニングポイントは?

今の仕事に就いたことが、私にとって一番のターニングポイントです!この会社は私に「変化」を与えてくれました。
昔から化粧品が大好きで、あこがれの仕事ではあったものの、子供のころから人見知りで、入社前には「接客業なんて絶対に無理!」と思っていました。
しかし自分の夢をあきらめるなんてできないと思いこの会社に飛び込みました。最初はやはりなかなかコミュニケーションをとることに苦戦することもありましたが今ではお客様とお話することが大好きです。あの時、自分の夢をあきらめなくてよかった、と心から思います。

Q.仕事の原動力は?

おいしいものを食べに行くことと、家族で旅行に行くことです。
特に食に関しては青森は海鮮もお肉も全部美味しい、安い、新鮮で幸せです。
そのため、働くということを抜きにして、住むという意味でも非常にいいところだと思っています。
青森市だと「味噌カレー牛乳ラーメン」が有名です!ぜひ食べてみてください!

interview04

自分がやりたいことができる
環境を活かして成長したい

薬剤師
中堀 一弥
2009 年 4 月入社

Q.入社を決めた理由は?

地域に密着した薬局で、店舗スタッフの意見を取り入れてもらいやすい会社であったことが、入社の際の大きな決め手です。
大型チェーンであれば、自分のやりたい事があっても、上司からの承認が得られなかったり、縦割りな点が多いのですが、沖館薬局は自由が社風があり、入社後も、新規一般薬の提案、レジシステム 在庫システムなど基幹システム導入の際も意見を取り入れていただき、大変やりがいを感じております。チャレンジするチャンスがある会社だと思います。

Q.沖館薬局で働くことで大切にしていることは?

患者さまに選んでいただける薬局になれるよう、接客サービス 商品の充実を意識して働いております。
クリニックの前にあるから何となく来ている、近所にあるから何となく来ている、今までの調剤薬局は立地が全てだったかもしれません。
そんな調剤薬局から脱却するために、1つ1つの対応、薬局の取組に神経を使い、患者さんや地域の皆さんに喜んでいただけるお店作りを心がけています。

Q.尊敬する仲間や先輩は?

社長をはじめ、他の部門、他店舗を含め スタッフ皆様に助けられており、感謝 尊敬しております。
皆の力があってこそ、良いサービスが提供できておりますし、わからないことや、困ったときも 皆 快く協力してくれるので大変助かっています。
複数店舗、調剤薬局以外の仕事をしている人が大勢いる会社だから、社長が地域の活動に積極的で社内に色んな情報が集まるから、私も専門以外の知識や能力を身につける機会をいただいています。

Q.ターニングポイントは?

私に限らず、今はまさに薬局のターニングポイントだと感じております。
これからは、人生 100 年という時代でもありますので、地域の方々に一日でも長く健康に過ごしていただけるよう、また、そのために薬局を活用していただけるよう、積極的に情報を発信していきたいと思っております。今後もより頼ってもらえる薬局、薬剤師を目指して研鑽していきたいと思っています。

Q.仕事の原動力は?

休日には息子と散歩したり、公園でサッカーなどして遊ぶことでリフレッシュしております。
ちょっと話はそれますが、わが子ながら 薬を飲むのが大変上手になってくれて、薬剤師としてうれしい限りです。 
また、困っている患者さんを病院に紹介したり、薬の提案がうまくいったときは、やりがいを感じます。
仕事の原動力は “仕事” という好循環が生まれています笑

interview05

“事務員”ではなく、“医療人”

薬局事務
櫻田 忠美
2018 年 3 月入社

Q.入社を決めた理由は?

入社前から社長が社員を大事にしているところが感じられたのが決め手です。
今も会社の決め事に関して現場の私たちの意見もしっかり吸い上げ、反映させようとしてくれています。
逆に私達から発信する言葉にもよく耳を傾けてもらい、とても良い会社で仕事できていると感じています。

Q.沖館薬局で働くことで大切にしていることは?

健康と笑顔を願い、相手の気持ちに寄り添って、わかりやすく、思いやりのある言葉で対応しています。
スタッフともよく話し合い、信頼関係を築き業務のやりやすい環境づくりに務めています。
一方、“事務員” ではなく、“医療人” である、という意識と責任を持って仕事をしています。

Q.尊敬する仲間や先輩は?

社長です。やはり、入社の決め手にもなった” 相手を尊重しているところ” を尊敬しています。
社長という立場を持ちながら、人を尊重できるのは素敵なことだと思いますし、社員として働きやすさを感じます。
私も相手を尊重しながら接することができる様、普段から気を付けています。
尊重するために、相手の話しをよく聞くのと、自分自身話してもらいやすいよう常に明るくいるようにしています。

Q.ターニングポイントは?

自分の知識やスキルを評価していただけたことが素直にうれしかったです。
移り変わりの激しい世の中ではありますが会社もどんどん変化していきます。
その波にしっかり乗れるよう、今後は知識やスキルを更に磨くためにも、もっと多くの仕事を行い経験を積ます。
そして吸収したことをアウトプットすることでしっかりと身に着けていきます。

Q.仕事の原動力は?

誰に対しても相手の気持ちに寄り添い、思いやりのある対応を心掛けていますが、そんな対応によって相手に喜んでもらうことが原動力になっています。
もちろん仕事に限らず、普段から周りの人たちの笑顔が活力になります。
これからも相手に喜んでもらえるような対応、気配りができる様、また、そんな対応が無意識に、自然とできるよう、精進してまいりたいと思います。

interview06

コミュニケーションから生ま
れる患者さまの笑顔のために

薬局事務
水嶋 遥奈
2017 年 4 月入社

Q.入社を決めた理由は?

私自身、子供のころからよく利用していて、その時からスタッフの対応が丁寧だなと感じていました。お薬の説明を行うことはもちろん、「会話」から患者様とのコミュニケーションを大事にしているのが伝わる薬局です。
入社を考えた時にも、改めて、患者様のことを第一に考えていることが伝わり入社したいと思いました。
実際入社した後も薬局の従業員みんなで地域の患者さん全員を大切にしてるこの薬局のことが大好きです。

Q.沖館薬局で働くことで大切にしていることは?

薬局は体調の悪い方が訪れる場所ですので、一人一人の体調を気遣って優しく対応できるように気をつけております。
例えば、声のトーン1つにしても全然違います。なるべく聞いていて心地いいトーンを模索しました。
それ以外にも、足の悪い方には受付から直接近寄って処方箋を取りにいったり、荷物をもってあげたりもします。
患者さんにとって「今、してほしいことはなんなのか」を考えることで信頼を得られるよう心がけることが重要です。

Q.尊敬する仲間や先輩は?

先輩方全員、尊敬しております。
医療事務は未経験でしたが、仕事を一から丁寧に教えていただき、しっかり覚えることができました。
” 未経験の方でも安心して働ける” と自信をもって言うことができます。
どんな人でも受け止めてくれる、しっかりと寄り添ってくれる、そんな先輩方と働けてとてもうれしいです。

Q.ターニングポイントは?

薬を多く扱っている環境なので、もっと薬に詳しくならなければと思うようになりました。
医療事務とはいえ働く環境の土台的な知識が必要だと思います。
一緒に働く先輩方に少しでも役に立ちたい、という想いのもと、現在登録販売者資格を取りたいと思い、勉強しています。
資格獲得を機に自分の中でできる業務の幅が広がるとうれしいなと思います。

Q.仕事の原動力は?

友人との旅行やライブなどが原動力となっています。
ライブが大好きでよく遠方にもでかけるようにしています。
いいリフレッシュにもなりますし、個人的には大きい声を出すことでいいストレス発散にもつながると思っています。